沿革


谷地高校の歴史



土井晩翠作詞、中田章作曲の
「山形県立谷地高等女学校々歌」の碑




  沿  革



校舎第2棟と第3棟の間にある庭園
明治37年4月1日  町立女子縫製専修所、谷地南部小学校内に開設。
明治40年6月1日  町立女子補習学校に改称昇格。
大正10年3月18日  郡立谷地実科高等女学校の設立を文部省認可。

4月18日  職員9名、生徒123名で開校。

5月12日  開校式を挙げる。この日を創立記念日と定める。
   12年12月12日  従前の校舎(谷地南部尋常小学校内)を引払い、校舎本棟落成、移転式を挙行。
14年3月27日  高等女学校に組織変更の件認可される。

4月1日  県立移管となり山形県立谷地高等女学校と改称する。
昭和 6年4月1日  山形県立高等家政女学校併設に伴い、高等女学校の募集定員50名となる。
8年5月1日  高等家政女学校に家庭生活実習館を建設する。
11年6月26日  高女15周年、家政5周年記念として同窓会館を建設する。
21年3月31日  山形県立高等家政女学校を廃止し、高等女学校第二本科設置。定員本科400名
   (募集人員100名)第二本科150名(募集人員50名)専攻科50名となる。
22年4月1日  学制改革により併設中学校を設置。
23年3月  県立高等学校5年制となる。今年度に限り4年制も認める。

4月  学制改革により新制高等学校となり山形県立谷地高等学校と称する。通常課程
  および定時制課程を設置。 (中心校、西里・溝延分校)生徒定員通常課程。450
  名定時制課程300名、外に併設3年の学級を置く。

5月3日  定時制課程開校式を挙げる。
27年3月31日  定時制西里分校廃止。
32年3月  通常課程 家政科40名を増募。
34年3月31日  定時制溝延分校廃止。
36年2月4日  創立40周年記念事業の新体育館竣工、落成式を挙行する。

12月5日  創立40周年記念式を挙行。
37年4月  全日制の課程商業科を新設。定員は普通科150名、商業科50名、家庭科50名、
  計250名。定時制の課程を募集停止。
38年3月31日  商業実務室新築工事竣工。
40年3月31日  定時制の課程を廃止する。

12月5日  校長公舎新築竣工。

4月1日  1学級定員48名となり総定員240名(普通科144名、商業科48名、家庭科48名)。
45年4月1日  商業科2学級募集、家庭科募集停止。1学級定員47名となり総定員235名(普通
  科141名、商業科94名)。
46年4月1日  1学級定員45名となり総定員225名(普通科3学級135名、商業科2学級90名)。

9月17日  創立50周年記念式典並びに新校舎落成式を挙行。
50年9月18日  創立55周年記念式典値びに新校舎落成式挙行。
56年4月1日  1年生の定員1学級43名となり普通科129名、商業科86名、計215名となる。

10月12日  創立60周年記念式典を挙行。
平成2年10月19日  創立70周年記念式典挙行。
9年4月1日  1年生定員1学級40名となり、普通科120名、商業科80名、計200名。
10年4月1日  1年生商業科1学級減となり定員普通科120名、商業科40名、計160名となる。
13年3月30日  谷地高史料館改修工事完成。

10月13日  創立80周年記念式典挙行。
14年11月15日  カヌー練習場新築工事竣工。
18年4月 1日  1年生商業科募集停止となり、定員普通科120名となる。


  校舎第1棟南側耐震化工事。
19年2月20日  新体育館竣工式挙行。
20年4月1日  1年生から新制服着用。


  校舎第2棟耐震化工事。

2月26日  商業科閉科記念式典挙行。
21年4月1日  各学年普通科のみ3クラスとなる。
23年10月14日  創立90周年記念式典開催。